カロリーメイトのCM「受験2023」の女優は誰?名前は?プロフィールwiki

CM
スポンサードリンク

2023/11/16から大塚製薬の新CM「光も影も」篇が放送されています。

CMでは、デッサンを書く女子高生のシーン青春を思い出させるシーンとなっていますね。

美大を目指す受験生は伊東蒼さんであり、一方で理系を目指す受験生は野内まるさんです。

2023/11/16から大塚製薬の新CM「光も影も」篇が放送についてや、伊東蒼さんと野内まるさん、カロリーメイトのCM「受験2023」版に出演されている二人のプロフィールと主な出演作品について調査してみました。

スポンサードリンク

カロリーメイトのCM「受験2023」『光も影も』篇について

 

カロリーメイトは2012年から受験生応援CMを製作し、学生たちの日常に寄り添うブランドとして描かれてきました。

・『光も影も』篇の概要について

今回のCMでは、美大を目指す受験生が初めて登場し、受験のレールが一本道ではないことを示します。多様な受験スタイルを描きながらも、努力と成長を追求する高校生の普遍的な姿を強調し、「没頭」する人たちを支える存在として、カロリーメイトが2人の受験生に寄り添います。

・CMストーリー(120秒)について

野内さんが理系学部を志し、美大への夢を抱く伊東さんとの対話から物語が始まります。伊東さんは「絵の才能はどうなの?」という質問に、「多分、努力だよ。」と答えます。しかし、美大予備校の講評では伊東さんの絵は他の生徒に比べて評価が低く、それに失望します。「結局、才能が必要なんだな」と考え込む一方で、野内さんも試験結果を見て勉強においても同じ疑問を抱きます。進学が決まり、推薦合格者を見る中で羨ましさを感じる場面もあります。

結果に悩む中、伊東さんは野内さんに対して「消しゴムは光を与えるもので、間違いを消すだけの道具ではないんだよ」と語ります。絵のデッサンでは、鉛筆で影を描き、消しゴムで光を表現する手法が提示されます。野内さんはノートでミスを消す一方で、「なんか素敵だね、それ!」と感嘆します。理系学部受験生としても、野内さんにとって消しゴムは光を生み出す重要なツールであることが描かれています。

絵を描く努力や勉強に真剣に向き合いながら、進路に迷いながらも自分の夢を追求し、努力を惜しまない2人の瞬間が、彼らを応援するエネルギー源となっています。

2021年にはコロナ禍の中での高校生の「非日常が日常」となる様子を、2022年にはスマホ視点からのリアルな高校生の受験勉強スタイルを描きました。2023年には受験生応援CMが10作目を迎え、大学受験の潮目の変化や多様性が進む中で、受験の描き方を刷新し、ポジティブな感情に焦点を当てつつ、成長と努力をテーマにしました。

今年のCMでは美術大学を目指す受験生が初登場し、「光と影」をテーマに同級生との切磋琢磨、励まし合いながら未来に向かって進む姿が描かれています。美大受験生を演じるのは伊東蒼さんで、同じく理系学部を目指す受験生を野内まるさんが演じます。絵の才能に悩んだり、推薦で進学が決まっている同級生に焦ったりしながらも、自分の未来に向かって努力を続ける姿が描かれています。

CMの楽曲には「スマイルプリキュア!」の「Let’s go! スマイルプリキュア!」曲が使用され、受験生たちにとって懐かしい曲が流れます。また、2023年11月20日からはCMのグラフィックが電車内や駅構内に順次掲出され、11月27日からは東急渋谷駅・阪急梅田駅の駅構内には実際の美大学生がデッサンで描いたものが貼りだされる予定です。

カロリーメイトのCM「受験2023」に出演の女優の名前について

カロリーメイトのCM「受験2023」に出演の女優の名前について調査してみました。

カロリーメイトのCM「受験2023」に出演の美大を目指す受験生は伊東蒼(いとう あおい)さん。


引用:https://www.youtube.com/watch?v=AuxXufx5kKQ

カロリーメイトのCM「受験2023」に出演の理系を目指す受験生は野内まる(のうち まる)さん。

 
引用:https://www.youtube.com/watch?v=AuxXufx5kKQ

という事が分かりました。

スポンサードリンク

カロリーメイトのCM「受験2023」女優のプロフィール|伊東蒼(いとう あおい)

女優名:伊東 蒼 (いとう あおい)
生年月日:2005年9月16日生まれ
出身地:大阪府
年齢:18歳
身長:152cm
事務所:ユニマテ

伊東 蒼 (いとう あおい)さんは、大阪府出身です。

大阪府出身の有名人は伊東 蒼 (いとう あおい)さん以外の有名人を輩出しています。

1. 北野武(たけし): コメディアン、映画監督、俳優。日本のエンターテインメント界で非常に有名。

2. 近藤真彦(こんどう まさひこ): 歌手、俳優。80年代を代表するアイドルの一人。

3. 松本人志(まつもと ひとし): お笑いコンビ・ダウンタウンのメンバーで、司会者やプロデューサーとしても活躍。

4. 嵐(あらし): ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ。メンバーは大阪出身者も含まれている。

5. 桂文枝(かつら ぶんし): 落語家。上方落語の代表的な名人であり、大阪の伝統芸能を支えている。

6. 黒柳徹子(くろやなぎ てつこ): テレビ司会者、女優。長寿番組「徹子の部屋」の司会者として知られています。

7. 西川貴教(にしかわ たかのり): シンガーソングライター、ミュージシャン。JAM Projectのメンバーでもあり、アニメソングの歌唱でも知られています。

8. 原田知世(はらだ ともよ): 女優、歌手。数々の映画やドラマで主演を務め、音楽活動も行っている。

9. 中田敦彦(なかた あつひこ): お笑いコンビ・オリエンタルラジオのメンバーで、バラエティ番組などで活躍。

カロリーメイトのCM「受験2023」女優の経歴|伊東蒼(いとう あおい)

カロリーメイトのCM「受験2023」に出演の女優・伊東蒼(いとう あおい)さんは、女優としての経歴が凄まじいです!!
伊東 蒼さんは非常に素晴らしい俳優で、その才能は驚くべきものです。彼のキャリアは非常に印象的で、特に若干歳での受賞歴は圧倒的です。

アントキノイノチ~プロローグ~天国への引越し屋 - ドラマ情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarksドラマ
引用:https://filmarks.com/dramas/5061/748

2011年には、たった6歳の若さでドラマ『アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋』でデビューし、その才能を早くから示しました。そして、2016年には映画『湯を沸かすほどの熱い愛』での演技が高く評価され、「第31回高崎映画祭 最優秀新人女優賞」を獲得しました。

島々清しゃ(しまじまかいしゃ) : 作品情報 - 映画.com
引用:https://eiga.com/movie/8530
更に、2017年には映画『島々清しゃ』で映画初主演を果たし、「第72回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」を受賞。その時点での12歳という若さは、業界での素晴らしいキャリアの始まりであることを示しています。

– 2011年、6歳の時にドラマ『アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋』でデビュー。
– 2016年、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で子役ながらに重要な役を演じ、「第31回高崎映画祭 最優秀新人女優賞」を受賞。
– 2017年、映画『島々清しゃ』で映画初主演し、「第72回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」を12歳という史上2番目の若さで受賞。

総じて、伊東 蒼さんは非常に早い段階から女優としてのキャリアを築いてきており、その成果は数々の賞や主演作品を通じて示されています。

出演
【テレビドラマ】
– 『アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋』(2011年11月5日、TBS) – しょう子 役
– 大河ドラマ(NHK)
– 『平清盛』(2012年) – 盛子 役
– 『どうする家康』(2023年) – 阿月 役
– 『ビギナーズ!』第4話(2012年8月9日、TBS)
– 『東京バンドワゴン〜下町大家族物語』第4話(2013年11月2日、日本テレビ)
– 『牙狼〈GARO〉 -魔戒ノ花-』第8話(2014年5月23日、テレビ東京)
– 『ラギッド!』(2015年2月21日、NHK BSプレミアム)
– 『花嫁のれん』第4シリーズ(2015年、東海テレビ)
– 『氷の轍』(2016年11月5日、ABC)
– 『ひきこもり先生』第4話(2021年7月3日、NHK)
– 『それでも愛を誓いますか?』(2021年10月3日 – ABCテレビ/テレビ朝日)- 神山菜月 役
– 連続テレビ小説 『おかえりモネ』(2021年10月4日〈第21週〉 – 、NHK) – 石井あかり 役
– 『群青領域』第6話 – (2021年11月26日 – 、NHK)- 高嶋映里 役
– 『やさしい猫』(2023年6月24日 – 7月29日、NHK総合) – 首藤マヤ 役
【映画】
– 『貞子3D2』(2013年8月30日、角川書店) – 楓子(幼少期) 役
– 『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016年10月29日、クロックワークス) – 片瀬鮎子 役
– 『島々清しゃ』(2017年1月21日、東京テアトル) – 主演・花島うみ 役
– 『キセキ -あの日のソビト-』(2017年1月28日、東映) – 女の子 役
– 『花戦さ』(2017年6月3日、東映) – 季 役
– 『望郷』(2017年9月16日、エイベックス・デジタル) – 平川夢都子(幼少期) 役
– 『累-かさね-』(2018年9月7日、東宝) – 淵累(幼少期) 役
– 『ギャングース』(2018年11月23日、キノフィルムズ) – ヒカリ 役
– 『空白』(2021年9月23日、スターサンズ・KADOKAWA) – 添田花音 役
– 『さがす』(2022年1月21日、アスミック・エース) – 原田楓 役
– 『恋は光』(2022年6月17日、ハピネットファントム・スタジオ / KADOKAWA) – 大洲央 役
– MIRRORLIAR FILMS Season4 『シルマシ』(2022年9月2日)
– 『世界の終わりから』(2023年4月7日、ナカチカ) – 主演・ハナ 役
【インターネットテレビ】
– 『君と僕との約束』(2012年、BeeTV) – 川瀬早季子(幼少期) 役
【舞台】
– 『明るい夜に出かけて』(2023年3月12日 – 25日、下北沢 本多劇場 / 4月1日 – 2日、サンケイホールブリーゼ / 4月9日、高崎芸術劇場 スタジオシアター) – 佐古田愛 役
【CM】
– 小学館 雑誌 『小学一年生』[要出典]
– 東京ガス 「母の推し活」篇

伊東 蒼さんは、2011年、わずか6歳のときにドラマ『アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋』で俳優デビューしました。これは彼の才能が非常に若い年齢から認められ、注目を集める始まりでした。

2016年には、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で子役としても重要な役どころを演じ、その演技が高く評価され、「第31回高崎映画祭 最優秀新人女優賞」を受賞しました。この時点で既にその演技力とポテンシャルが業界内で認められ、将来性を期待される存在となりました。

さらに、2017年には映画『島々清しゃ』で映画初主演を果たし、「第72回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」を12歳という史上2番目の若さで受賞。これは彼の俳優としてのキャリアにおいて大きな飛躍を果たした瞬間であり、その実力がさらに強調されました。

テレビドラマや映画、舞台、インターネットテレビと、様々なメディアで幅広い活動を展開しており、その柔軟性と演技力は観る者を引き込むものがあります。特に『世界の終わりから』での主演は、その俳優としての成熟度を証明するものと言えるでしょう。

伊東 蒼さんのこれからの活躍にもますます期待が高まります。その繊細で力強い演技、そして多岐にわたる役柄への挑戦が、俳優としての更なる成長をもたらすことでしょう。

スポンサードリンク

カロリーメイトのCM「受験2023」女優のプロフィール|野内まる(のうち まる)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maru 野内まる(@maru_nouchi)がシェアした投稿

女優名:野内 まる (のうち まる)
生年月日:2002年9月7日生まれ
出身地:神奈川県出身
年齢:19歳
身長:164cm
事務所:ユニマテ

野内 まる (のうち まる)さんの出身地は神奈川県出身です。

 神奈川県出身の有名人は野内 まる (のうち まる)さん以外の有名人を多く輩出しています。

・石原さとみ – 女優。神奈川県出身で、ドラマや映画で活躍しています。
・堺雅人 – 俳優。神奈川