怪獣マーゴンの正体はマゴチ!画像や特徴、釣り方、料理について!ザ!鉄腕!DASH!!【東京湾】

怪獣マーゴンの正体はマゴチ!画像や特徴、釣り方、料理について!ザ!鉄腕!DASH!!【東京湾】 テレビ番組
この記事は約7分で読めます。
スポンサードリンク

2023年9月17日19:00~19:58に

【ザ!鉄腕!DASH!!▽大冒険!東京湾の主「怪獣マーゴン」を追え!SP】

が放送されます。

【怪獣マーゴン】と聞くと、ウルトラマンに出てきそうななにか恐ろしく大きいものという印象を受けますね。

その魚はこんなやつです。

・東京湾に生息している
・暑ければ暑いほどウマい
・60cmを超える巨大で肉食なヤツ
・エサとなるマジックハンド

タイトルでもお気づきの方がいらっしゃるかと思いますが、

怪獣マーゴンの正体は【マゴチ】です。

そこで今回は【怪獣マーゴンの正体はマゴチ!画像や特徴、釣り方、料理について!ザ!鉄腕!DASH!!【東京湾】】と題して

①怪獣マーゴンの正体は?(画像あり)
②怪獣マーゴンの特徴
③怪獣マーゴンの釣り方
④怪獣マーゴンの料理

についてお伝えしていきたいと思います。

では一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

怪獣マーゴンの正体は?(画像あり)

怪獣マーゴンの正体、、それは【マゴチ】です!

それもただのマゴチではなく、特に60cmを超える大型のものを「マーゴン」と呼ぶそうです。


引用:https://plus.luremaga.jp/2022/10/07/185056/

かなり大きいですよね。。

確かに怪獣の呼ばれるのも分かります。

日本の夏、多くの釣り師が夢中になるのが東京湾でのマゴチ釣り。

特に60cmを超える大型のマゴチ、通称「マーゴン」は、そのサイズと味わいから多くの人々を魅了しているようです。

以下では、そんなマーゴンの特徴や、夏の東京湾での釣り方、さらに美味しく料理として食べるためのポイントを紹介します!

 

怪獣マーゴンの特徴

マゴチは、日本近海や周辺の海域で生息する魚であり、その特徴的な外見や生態について説明します。

体形と外観

マゴチは体が細長く、流線型をしています。

側面には特徴的な黒い縞模様(五本縞)があります。これが英語名「Japanese amberjack」や「Yellowtail amberjack」の由来です。

体色は銀色から青白色で、背びれと尾びれにかけて黄色みを帯びています。

スポンサードリンク

サイズ

マゴチは大型の魚であり、成熟した成魚の体長は一般的に70 cmから1.2 m以上に達することがあります。

体重もかなり重くなることがあり、20 kgを超える個体も見られます

 

マゴチの背びれは2つあり、第1背びれは硬い棘で支えられています。

第2背びれは軟条で、背びれの前方が高く、後方に向かって低くなっています。

尾びれは大きくフォーク状で、泳ぐ際に効率的な推進力を生み出します。

 

生態

マゴチは肉食性で、小魚、甲殻類、イカ、タコなどを捕食します。

夜行性であり、夜間に捕食行動を示すことが多いです。

幼魚は浅い海域で生活し、成長するにつれて深い海域に移動していきます。

 

分布

マゴチは日本近海を中心に、韓国、中国、台湾などのアジアの海域に広く分布しています。

特に日本では広範囲に生息し、重要な漁業資源とされています。

スポンサードリンク

怪獣マーゴンの釣り方

マゴチの釣り方について説明します。マゴチはスポーツフィッシングの対象魚として人気があり、季節や状況によって適した釣り方が異なります。

以下は一般的なマゴチの釣り方の手順です。

準備と装備

・釣り竿: マゴチ釣りには、軽量から中~重量の釣り竿が適しています。
一般的に、7〜9フィートの竿が使われます。

・リール: スピニングリールやベイトキャスティングリールを使用します。

・ライン: 20〜40ポンドのナイロンまたはフロロカーボンラインが一般的です。

・フック: サイズ#2から#6の針を使用します。

・ルアーまたはエサ: ルアー、生餌(小魚やエビ)、人工餌などが使用されます。

 

エサの用意

生餌を使用する場合、小魚やエビを使います。適切なサイズのエサを選びます。

 

釣り場の選定

マゴチは岩礁やサンゴ礁、沖合の沈船、港湾周辺、河口などさまざまな場所で釣れます。

地元の釣り情報や経験者のアドバイスを参考に選定します。

 

釣り方

エサを付けたフックを使用し、適度な重さのウェイト(シンカー)を付けて底に沈めます。

マゴチは底付近を泳ぐことが多いため、底で待つのが一般的です。

スポンサードリンク

アプローチとテクニック

シャローからディープまで幅広い水深で釣れるため、状況に応じてアプローチを変えることが重要です。

マゴチは機敏で警戒心が強いため、静かに近づき、適切なキャストやルアーのアクションで誘います。

 

反応とフッキング

マゴチがエサやルアーに反応したら、即座に合わせを入れてフッキングします。しっかりとしたフッキングが成功への鍵です。

リールインとランディング

マゴチがフッキングしたら、慎重にリールを巻いてランディングする準備をします。強力な引きを楽しむことができるため、テンションを保ちながらランディングします。

リリースまたは保管

マゴチは美味しい魚ですが、漁獲制限やサイズ制限を守りながら釣りを楽しみましょう。釣り場の規則に従い、サイズが規定を満たしていれば保管、そうでなければリリースします。

マゴチ釣りは釣り好きの間で非常に人気があり、季節や地域によっても異なる釣り方があります。地元の釣り具店や釣り仲間、釣りガイドからのアドバイスも活用しながら、楽しく釣りを楽しんでください。

 

怪獣マーゴンの料理

マゴチを料理する方法はさまざまあり、刺身、寿司、焼き魚、煮付け、天ぷらなど、多くの美味しい料理に使えます。

以下に、マゴチを料理する一般的な方法をいくつか紹介します。どの方法でも新鮮なマゴチを使うことが重要です。

刺身

刺身はマゴチの美味しさを最大限に楽しむ方法の1つです。
刺身用に薄切りにしたマゴチの切り身を、しょうゆとわさび、またはポン酢で食べるのが一般的です。

スポンサードリンク

寿司

マゴチは寿司ネタとしても人気があります。新鮮なマゴチを使い、寿司シャリの上にのせて握ります。
ニギリ寿司(握り寿司)や巻き寿司(巻物寿司)として楽しむことができます。

塩焼き

マゴチを塩で下味をつけ、オーブンやグリルで焼く方法です。
魚の皮がパリッと焼けるまで焼き、新鮮な風味を楽しむことができます。

煮付け

マゴチの煮付けは、醤油、みりん、砂糖、だしを使って調理します。魚がしっかりと味を吸うために、時間をかけて煮ることが大切です。

天ぷら

マゴチを天ぷらにする場合、薄切りにして衣をつけ、揚げ油でカラッと揚げます。軽やかな食感が楽しめます。

シャブシャブ

マゴチのシャブシャブは、薄切りにしたマゴチをお湯でさっと茹で、ポン酢やごまだれでいただく料理です。薄切りなので、魚の風味が引き立ちます。

どの料理方法を選ぶかは、個人の好みによります。マゴチは新鮮さが味わいの鍵なので、できるだけ新鮮なものを手に入れることをお勧めします。また、料理の際に食材の安全性と調理法に注意し、美味しい一品を楽しんでください。

スポンサードリンク

まとめ

今回は【怪獣マーゴンの正体!画像や特徴、釣り方、料理について!ザ!鉄腕!DASH!!【東京湾のマゴチ】】と題して

①怪獣マーゴンの正体は?(画像あり)
②怪獣マーゴンの特徴
③怪獣マーゴンの釣り方
④怪獣マーゴンの料理

についてお伝えしました。

怪獣マーゴンの正体は60cmを超えるサイズのマゴチと判明し、その知られざる特徴や釣り方、料理法をご紹介しました。

見た目に反して美味しいと評判のマゴチ。

皆さんもぜひ食されてはいかがでしょうか。

ブログでは様々な世間の話題の最新情報についての記事を毎日更新しています!

そしてその記事は無料で公開しています!

下記リンクからご参照ください!

CHECK

その他おすすめ記事はこちらをクリック!

また、こんな情報が知りたい、情報を持っている等ありましたら
お問い合わせよりご連絡いただけると非常に助かります!

スポンサードリンク

コメント

スポンサードリンク
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました